top of page

【雨天中止】2024年2月25日(日) 雨天中止/<コラム>「チーム」は「生き物」


水曜日の雨天中止に続き、日曜日も雨天により練習は中止となりました。ここ最近は雨天中止という話が久しく無かった中での連日の雨天中止は少し寂しくもありますね。怪我の療養に充てる、自主トレに努める、はたまた家族サービスなど様々な過ごし方を過ごされたと思います。水曜日は予報では雨ではなさそうですので、実施できることを祈りましょう。


気温差が大きくなってきましたし、体調管理には十分注意しましょう!私の職場ではインフルエンザが流行っているのだとか・・・。


 

<コラム>「チーム」は「生き物」

She'll beは、様々なスタンスから、ラグビーという楕円球を持って走るという稀有なスポーツが好きなメンバーが集まった異色混合体です。年齢も職種も出身も経歴も様々です。しかしながら、クラブ「チーム」として活動をしており、個人競技では無いこのスポーツにおいて、自らの役割があることを識る必要があると考えます。


ここで、「チーム」は「生き物」という今回のタイトルにもある話になるのですが、活動が円滑に進まない・活発的でない等の不具合が生じた際に、機械であれば、壊れたパーツを交換したり修理することで不具合を解消することができますが、「チーム」ではどうでしょうか?誰かを除け者にすることで円滑に?それって「チーム」ですか?違いますよね。そんなやり方よりも、「生き物」らしく体質改善していきながら不具合を解消していくことが大事です。


体質改善と聞くと、食生活や運動習慣の見直しなどを思い浮かべる人もいることでしょう。これを「チーム」に置き換えた時、大事なポイントがあります。それは決して無理強いをして「チーム」を良くしようとしてはダメだということです。


「生き物」として自然な状態にきちんと戻してあげるためには、強制的にやったり、無理矢理してもうまくはいきません。それよりも日常の当たり前の食生活をちょっと変える、日常の運動習慣をちょっと変える、という方がうまくいきます。例えば、『エスカレーターではなく階段を登る』などの日常のちょっとした行動が重要だと言われますよね。無理なダイエットは、結果的に続かなかったり、リバウンドしてしまったりします。「チーム」の体質改善でも同じです。ちょっとした日常の習慣の一つを変えることが「チーム」作りにはものすごく有効なのです。


我々のチームでも習慣を変えよう!という動きが少しづつ回り始めようとしています。これに対して、周囲が反応をしてあげること。反応が無いと、習慣を変えようというサイクルが回らないですし、起案もし辛いと思います。いい案には「それいいね!やってみよう!」とか、逆に変な意見に対し、無視するのではなく「なんでやねーん」と突っ込んであげたらいいんです。関西のチームの本領発揮ですね(笑)無視されたら次の提案がし辛いんですよね。それこそ鋼のメンタルじゃない限り潰れてしまいます。イメージだけが先を行き過ぎている意見に対しても優しく突っ込んであげることで「あ、違ったかw」となるはず。反応してあげる優しさってやつです。

それと重要なことは、人を集めてから楽しくする。では無く、楽しいから人が集まる。そういう環境が大事なのです。だから飲み会するぞ!と言って人を無理に集める必要はないんです。楽しそうにしてたら俺も俺もって人が勝手に集まってきます。そうしてできた輪は簡単に崩れません。逆に、集めるだけ集めて、さぁ何やったら楽しいかな?という輪は非常に脆いです。水曜日の練習が参加率が多い状態を維持しているのは、楽しそうにやっているから自ずと俺も俺もって集まってきているのではないでしょうか?

「俺はラグビーさえできればいいんだ、馴れ合いなんてしたくないぜ!」と一匹狼派の人もいると思います。でもそんな貴方の好きなラグビーってチームプレースポーツなんですよね。そのチームが今、体質改善をしようとしています。貴方もチームメンバーの一人です。


最後に、チーム体質改善のための行動案を挙げてみます。何かのヒントになれば!やってみたいねというものは、声を挙げて実行に移していってみませんか?もちろん、こんな事してみたらおもろいんじゃない?というのがあればバシバシ提案していきましょう。


●グランド以外でのコミュニケーションの場を設ける

BBQは行っていますが、それ以外にもコミュニケーションの場を広げませんか?飲み会でも、食事会でも、それこそ自主練するから付き合って~でも良いですね!練習後や、試合後のお疲れ様会、新人の歓迎会や、勇退する仲間への壮行会でも。色々理由付けて仲間内で集まる機会を作りませんか?よくよく考えると、私が昔所属していたクラブチームはいくら試合でボロボロになっても、遠征に行った後でも夜の飲み会は必ずありました。グランドでは怖かったあの人が飲みの席では優しかったり、実は自分のことを認めてくれていたりという面が、必ずみつかると思います。


●MVPや新人賞、敢闘賞などの表彰を総会で行う

Instagramを見ていると、我々と同じリーグで戦っているノンベーズさんは納会で表彰を行われているのだとか。良いところは真似る(リスペクト)です!仲間内でも競い合う環境つくりは、ノンベーズさんの強さや結束力の高さの秘訣かもしれませんね。試合に出るキッカケの一つとなるかもしれませんし、あいつには負けたくないというライバルも見つかるかも?


 

<直近のイベント>

3/17 (日) 練習試合 vs KWO

3/24(日) 総会

 

She'll beでは一緒にラグビーを楽しんでくれるメンバーを大募集中!経験や年齢は問いません!またマネージャーも募集しております!気になった方は下のお問い合わせフォームよりご連絡お待ちしております!!



Comments


bottom of page