top of page

【活動報告】2023年11月19日(日) 交流戦助っ人 ノンベーズ


この日は、交流戦とし、3節試合(35分/35分/35分)の三つ巴戦を行いました。

第一節 ノンベーズ・SICX混成チーム vs 六甲クラブ

第二節 KWO vs 六甲クラブ

第三節 ノンベーズ・SICX・She'll be混成チーム vs KWO

我々は、第三節目の試合に出場しましたが、FW水田は第一節試合にもPRとして出場。思い切りのある接点プレーやタックルで強豪六甲クラブに引けを取らない覇気を見せていました!日頃の練習の成果ですね!我々の試合でも活躍してくれることでしょう。

第三節目の試合では、SICX・She'll beを中心とした助っ人組を優先したスタメンとなり、PR 水田、FL 柿本がスターティングメンバーとして出場、途中交代でSH 梶田に替わり、持ち前の走力で試合を引っ張ってくれました。梶田はタックルを交わすためにジャンプしてしまいペナルティを貰ってしまうシーンもありましたが、上に飛ばず、得意のステップで横に切ればもしかしたらトライできていたかも?!という惜しいシーンもありつつ、35分間全力で試合をしてきました。とは言え、さすがはKWOさん。第二節に六甲と当たって疲労も蓄積していたはずですが、後半から猛攻を開始し、前半は拮抗した試合をしていましたが、気づけば大差でKWOさんが勝利されました。これは単純に、前半は元気な我々がイーブンで戦えていただけで、疲れてくるとKWOさんのフィジカルに押し負けひっくり返されたというのが印象的でした。やはり全員が試合で走れるチームは強いですね。我々も見習いましょう。ノンベーズ側のトライは、試合開始10分ごろに、ノンベーズのFW選手陣が作ったポイントから球をピックした柿本がサイドを付き、潜り込んでトライを獲った1本だけでした・・・。自身のトライだったのでプレーの流れははっきりと覚えていますが、やはりノンベーズさんのFW陣はラックの球出しが正確ですね。オーバーの選手が素早くブリッジを形成し、相手から見えづらくしてくれていましたし、ラックの選手も遠くへのボールリリースをしてくれて、かなり良いテンポでサイドを付くことができました。モタモタしているとピラーディフェンスの選手が立ってしまうので、あのテンポで付けたのは確実にノンベーズさんのおかげでしたね。試合後チームトークもしましたが、次の試合まで残り時間は限られていますが、こういったラックの練習はしておくべきですね。


さて、試合も残す所、12月3日のリーグ戦最終節、相手は助っ人に行ったノンベーズさんです。一緒に戦って分かったと思いますが、基本をしっかりとしてくるチームです。破天荒なプレーはないですが、確実に攻めて、確実に守る。そんなチームですので常に集中して戦わないと一瞬で返されます。リーグ最終戦は、今年の集大成となりますので、しっかりと全員が勝利という同じベクトルのもと、試合に挑むようにしましょう。


リーグ戦を終えると、12月17日の播州親善試合です。ここでは、今年結成した播州代表 BAN bariansが結成後初の試合に挑みます。まだ代表メンバー発表はありませんが、我々She'll beから選ばれる選手はでるのでしょうか?!期待と不安を胸に今はできることを全力でする!その結果、選ばれる・選ばれないは、結果でしかありません。今できる事を全力でやっていれば、選ばれずとも悔しい思いはしても後悔はないと思います。逆に、ちゃんとやっとけばなぁ・・・と後悔することがないようにしましょうね。また、オーバー40の試合にもShe'll beから出場する人がおられるかと思います。今年は、例年のような播州親善試合とはまったく違うものとなりますが、チームを挙げて全力でターゲットを一つ一つ見極めて試合・練習にの挑んで行きましょう。まずは、12月3日の対ノンベーズさんですね。集中!


<試合予定>

2023年12月3日(日)兵庫Bリーグ最終戦<vsノンベーズ>

2023年12月17日(日)播州親善試合

 

She'll beでは一緒にラグビーを楽しんでくれるメンバーを大募集中!経験や年齢は問いません!またマネージャーも募集しております!気になった方は下のお問い合わせフォームよりご連絡お待ちしております!!




最新記事

すべて表示
bottom of page